さが県民第九

      『感謝と希望を胸に』県民第九の歌声をふたたび

コロナ禍の一年となった今年は、作曲家ベートーヴェンの生誕250年にあたります。ベートーヴェンは、交響曲に初めて合唱を加え「世界はひとつ」という彼の思いを込め「第九」を作曲したそうです。

今年の「さが県民第九」公演は、コロナ感染予防のために中止となりましたが、今この時期に第九を歌いたい、第九を聞きたいとの声を頂きました。それにお応えして、昨年の第25回さが県民第九「第4楽章」を、ご出演の皆さまの許諾を頂き期間限定で配信いたします。コロナ禍の中ですが、感謝と希望を胸に新しい年をお迎えください。

《指揮》横島 勝人、
《ソリスト》ソプラノ:山崎 浩美、アルト:長谷川 忍、テノール:大槻 孝志、バリトン:近藤 圭
《オーケストラ》佐賀交響楽団
《合唱》さが県民「第九」合唱団

◎配信期間:2020年12月25日10時00分~2021年1月15日

関連動画