脊振不動明王採燈大護摩供(神埼市)

◆毎年11月3日
昭和63年に復活した護摩行。日本古来の神と仏教を結びつけた信仰・神仏習合が色濃く残ります。特徴的な神事は燃えた炭の上を歩く火渡り。山伏と信者たちは火と煙で身を清め、火渡りによって煩悩などを焼き払います。

関連動画